こんかな、というのは五島の方言で、来ませんか?と言う意味です。

関東から問い合わせが増えています。
夏休みを利用して来られる予定の方もいらっしゃいます。
単身の女性の方も、何人か疎開が決まっています。
将来子どもを産もうと思ってらっしゃる方も、用心に越したことはありません。
取り越し苦労だったね、などと後で言えるくらいでいいと思うのです。


テレビも新聞も、本当の事は言わないというのは、もう皆わかっていると思います。
東京も場所によっては福島の放射能管理区域と同等の汚染レベルだと、4月27日の衆議院会議で公表されています。

前例が無いのでチェルノブイリを例に取りますが、事故のあったチェルノブイリの原子炉の放射能量は、194t、福島第一原発1号機から3号機までは、257tと言われています。
300キロ以上離れたベラルーシでは、20歳から25歳の人口が少なくなっているし、ゼロという町もあります。
どうしても影響を強く受けてしまうのは子ども達です。

これからは、食物による内部被ばくも懸念されます。
水の基準値は、事故前より大人で30倍、子どもで10倍に引き上げられました。
食物は、軒並み高く設定されています。
栃木県知事は、野菜の基準値を緩めろ!と国に訴えるました。
神奈川、栃木、埼玉、静岡は生茶葉の検査を拒否しました。
福島、その周辺の県では、高濃度に汚染された土地に作付けがどんどん始まっています。
それらは加工品となって、全国に流通していくでしょう。
産地偽装も出てくると思います。

復興という大義名分で、なぜ汚染された野菜や肉、魚や牛乳を食べなければならないのでしょうか。
それを賠償するのは東電でしょうが。もう!

直ちに健康に害は無いけど、数年後は?
国は何もしてくれないでしょう。
だって、薬害エイズの時は?カネミ油症は?アスベストは?
因果関係は認められないとしらばっくれるでしょう。


自分の身は自分で守るしかありません。
子どもは大人が守るしかないのです。
政府や周りの人が何と言っても、お母さん達には自分の直感を信じて欲しいです。

放射能は目に見えないし、相変わらず街は清潔だし、テレビではバラエティー番組や野球中継やってるし、ふと何もなかったような気になるけれど、確かにあの日、地震も原発事故もあって酷く汚染されてしまったのです。

子どもは影響も受けやすい反面回復力も強いので、数日でも一ヵ月でも疎開するのは被ばくから守るのには有効です。


どうぞ気軽に問い合わせてみてください。
事務局:〒853-3321 長崎県南松浦郡新上五島町鯛ノ浦郷85-37
Tel&Fax:0959-42-3427(民家なので留守の際は留守番電話にどうぞ)
発起人代表:うたの あや 080-1703-3786
メール:utano@lime.ocn.ne.jp
ほか連絡先:「自遊館」Tel&Fax:0959-42-0363(13:30~18:00,木・日定休)
※発起人代表の詳細はこちらを参照ください
ブログトップhttp://blog.goo.ne.jp/micamote/
よびかけ記事http://blog.goo.ne.jp/micamote/e/6fc61218b6e4276523f3604d1449a092最悪の原発事故は起きて、汚染は拡がっている。
[PR]
# by suamanote | 2011-06-02 17:27 | 五島
今私が息子と疎開しております、五島(新上五島町)で、受け入れ支援始まりましたー!

被災地以外でも、原発のことで不安を抱えているママと子どもたちを、幅広く臨機応変に受け入れてくれるようです。

「えー、五島ってどこ?」「パスボート要るの?」「通貨は円?」などと思ったそこのあなたーー!!
五島は長崎県ばい!
東京から飛行機で長崎空港まで一時間半、長崎空港から大波止ターミナルまでバスで三十分、そこから船で一時間半(高速船)で着きますよ!
これからは蛍が見られます。
満点の星空を見上げてビールをブハーッと飲んだっていいんです。
海もきれいですよ。


子どもを外でのびのび遊ばせたい。
リフレッシュしたい。
島での~んびりして鋭気を養いたい。
子どもを少しでも被ばくのリスクから守りたい。
そんなお母さま方、どうぞまずは下記までお問い合わせください。
私もいろいろとお世話させていただきます。(あ、本名佐藤です)




それでは詳細を転載します

上五島受け入れ支援の会より

被災地の皆様

私たちは、長崎県は五島列島の住民団体「上五島受け入れ支援の会」です。私たちは、震災や原発の不安から逃れ、遠く五島まで退避したい方を受け入れる窓口になりたいと思い、島の有志で集まりました。

上五島は、過疎に悩む離島ですが、福島第一原発から約1400km離れた東シナ海に浮かぶ、温暖で、相対的に安全なところです。
もし、ひとときでも心身を休めるため、またはお子さん・お母さんを放射能の危険から遠ざけるためにこちらへ来たいという方がいれば、住民同士協力しながら受け入れたいと思っています。

私たちは、ホームステイなどで当面の居場所を確保できるように島内で協力者を募る一方、もしも滞在が長期になるときには、古くはありますが公営住宅や民間の空き家が提供できることも確認しています。
住民ひとりひとりの力は小さく、お互いに不安があるとは思いますが、まずは事務局にお問い合わせください。お待ちしています。

事務局:〒853-3321 長崎県南松浦郡新上五島町鯛ノ浦郷85-37
Tel&Fax:0959-42-3427(民家なので留守の際は留守番電話にどうぞ)
発起人代表:うたの あや 080-1703-3786
メール:utano@lime.ocn.ne.jp
ほか連絡先:「自遊館」Tel&Fax:0959-42-0363(13:30~18:00,木・日定休)
※発起人代表の詳細はこちらを参照ください
ブログトップhttp://blog.goo.ne.jp/micamote/
よびかけ記事http://blog.goo.ne.jp/micamote/e/6fc61218b6e4276523f3604d1449a092

呼びかけ人(順不同):前田あおい 中野ちひろ 高砂樹史 ほか5名

----- メールアドレス -----
utano@lime.ocn.ne.jp
----- 都道府県 -----
長崎県
----- 住所 -----
長崎県南松浦郡新上五島町鯛ノ浦郷85-37

----- 備考 -----
あまりにも遠い地かもしれませんが、選択肢の一つとなって支えになれば幸いです。



d0163021_1616371.jpg
[PR]
# by suamanote | 2011-05-27 14:15 | 五島
せっかく美しい春がやってきたのに、ハァーッとため息が出てしまいます。

最初は政府を信用しようと決めていました。
日本が大好きだから。

だけど、これまでの情報の不明瞭さ、対応の遅さ、未だに復興、原発問題への具体的かつ効果的な対策の無さには不信感を抱かざるを得ません。

原発に関しては私も反省してます。
無知でした。
こんなに小さい日本に55基も原発作っていたとは!
原発の裏で莫大な利権が絡んでいたとは!
散々「エコ!!ストップ温暖化!!」なんて叫んでいたのは、二酸化炭素の少ない原発作るための伏線だったのでしょう。胡散くさくてこの言葉聞くたびにイラッとしてたのよね。

東京電力の会見もウンザリです。

放射能値が二転三転するし、あげくのはては測定器が無いと言い、プルトニウムの事にはあまり触れず、保身と隠ぺいに必死な感じがします。
しかもメディアも、各有名大学も抱き込んで情報規制。

昨日は長崎でも大気中からセシウムが検出されました。
もし、福島原発が再臨界したら、日本はどうなるんだろう。
電気が無くても生きていけるけど、水も土もダメになってしまったら人は暮らせないよ。
政府と東電は、日本国民を難民にしたいのかしら。
頻発している福島原発周辺を震源とする余震も、日本列島が嫌々と言ってるような気がしてきます。


それから、こないだの都知事選の投票率の低さにもげんなり。
この後に及んで自分の置かれてる環境に関心が無いのかな?
石原氏当選ってことは、原発推進しますってことだよ。
彼は原発推進してますから。


ハァーッ、もうイライラでストレス溜まるなー!
きれいな五島の海でも見て頭冷そーっと海を見やれば砂浜埋め立ててプールなんか作ってるし....、こらーっ、なんばしよるかーー。
自然破壊イコール近代化っていう戦後の古ーい価値観いつまで引きずってるんですか!!
もうグッタリ。


とにかく今はがんばって冷静さを保ってます。
今できる事は、息子を守る事、募金を続ける事、経済が少しでも活性化するように普通に暮らす事、オンラインの原発反対の署名、それから、原発についての勉強、それから、東京にいたらプラカード作ってデモに参加したいとこですけど、仕方がないので福島原発の撤廃、そして東海地震がきたら嫌だから浜岡原発の緊急停止を決定しろーーと、管首相に毎日念を送ってますわ。
他に何かできる事ないかなー。

私の愛する神道の国日本が、その霊性をもってよみがえるようにプール、いやいや海を見ながら祈っています。
[PR]
# by suamanote | 2011-04-14 13:58 | 暮らし
東京都でも、18日から個人救援物資の受付が始まっています。

詳しい情報はこちらです。



とにかく甚大な被害が出ていますから、一度募金をしただけ、物資を送っただけではすみません。
避難生活も長期化していくとニーズも変化していくでしょう。
私も、東北の方々と共にいるという気持ちでそして一緒に立ち上がっていけるように、微力ですが長期的なサポートを考えて行きたいです。






心配のメッセージをくれた友人達、そして情報が錯綜している中、我が事の様に心配し励ましのメッセージをくれた海外の友人達へ。
心から感謝します。ありがとう。
私達は元気だよ。
[PR]
# by suamanote | 2011-03-21 12:15 | 暮らし
東京でもかなりの強い揺れを感じました。

日を追うごとに、状況が詳らかになっています。
甚大な被害が出ています。

こうしてパソコンを立ち上げましたが、言葉が見つかりません。

とにかく最善を願うばかりです。

テレビでは食料、水、燃料、生活物資が不足していると
訴えていますが、受け入れ態勢が整っていないため今のところは
個人支援はできません。

今、ここにいてできる事は、募金、節電、それから情報を正しく
把握して冷静に行動することです。
間違っても、不安や恐れにかられて見苦しい買い占め行動など起こさない
ようにしたいものです。


自ら、地震の被災者の経験を持つ西宮市議の今村岳司氏のブログ
です。とても重要なことが書いてあると思いましたのでここで紹介
させていただきます。

『あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻み付けられてしまっている』

いろいろと捉え方はあるかもしれませんが、心に留めていただきたいと思いました。
[PR]
# by suamanote | 2011-03-16 15:05 | 暮らし