<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0163021_22405338.jpg息子はもうすぐ8ヶ月。
一週間くらい前からつかまり立ち始めました。

歌が好きなようで、私が歌ったり、音楽を聞いていると「あ〜〜〜あ〜〜〜!」と大きな声を出します。

『バイバイ』ができるようになりました。
「にんぎにんぎにんぎ〜〜〜!」と歌うと、手をにぎにぎとし、「足ピンピン〜」と歌うと、足をピンピンと跳ね上げます。

しぐさがとても可愛らしいです。




d0163021_22470100.jpg箱の中身をせっせと取り出すのも好き。(なので夫が空き箱の中に、おもちゃなんか詰めて思わせぶりに置いておきます)
←口をちょんがらせて箱を物色中。

ティッシュを引っ張り出すのも好き。

コロコロでカーペットを掃除(してるつもり)するのも好き。(なぜかいつもうっすら笑いながら)


成長曲線標準ど真ん中ですくすく成長中。

[PR]
by suamanote | 2010-05-29 22:58 | 子育て
d0163021_2361435.jpg


写真はゴールデンウィーク、五島に渡る前の長崎観光の際訪れた、長崎・外海(そとめ)の遠藤周作文学館からの眺め。

隠れキリシタンの足跡の残る外海と、縁の深い遠藤周作文学館。
今回の長崎・五島の旅は、隠れキリシタンについて学ぶ旅になった。
その為の良い布石となったのが遠藤周作文学館です。
入り口を入るとあのキザでダンディーな先生のポートレートが迎えてくれますよ。
あー、また行きたい。
この場所が気持ちよいのは、立地が良いのと建物がモダンで新しいというだけではなさそうな気がします。


d0163021_23211634.jpg



売店で『おバカさん』『フランスの大学生』『女の一生』を購入。
マイナーな作品が置いてあるのも嬉しいところ。
読み返して思うのは、十代や二十代の頃では、やはり遠藤周作作品が理解できるわけがないということ。(今もまだ理解の途中ね。)
まっとうに年を取らないと、味わえない極上の娯楽(というには苦すぎるけれど)。
そんなものがきっと世の中にはたくさんある。


そんなわけで、最近の寝る前の楽しみは息子を寝かしつけた後、ベッドで遠藤周作と、そして『臨死!江古田ちゃん』を読む事。
おかしな取り合わせだけど、人の深淵に触れるという意味では同じ、かな。
[PR]
d0163021_22583213.jpg



きれいな真鰯が格安で手に入ったので、鰯ハンバーグ。

手開きにした鰯、玉ねぎ、生姜、卵、片栗粉、味噌をフードプロセッサーで粗めに撹拌し、形を整えて焼いたら、めんつゆに片栗粉でとろみをつけたあんをかけて、大根おろしを添えていただきました。

塩コショウでいためたもやしが合うんですよね。
[PR]
by suamanote | 2010-05-25 23:03 | 料理
d0163021_21325798.jpg



夜は息子がまだ何度か起きるので、なかなか熟睡できないけど、朝は夫が息子の面倒を見るので、しばしゆっくり寝られます。
朝の数時間を、夫は息子と遊んだり、おぶってモミジも引き連れて散歩に出かけたり楽しんでいる様子。
散歩の帰りに朝マックのセットを買ってきてくれました。
妊娠中、衝動的に食べたくなった時以来。
カフェオレが美味しくてびっくり。
たまにはこんな朝ご飯もいいね。









d0163021_2142955.jpg写真を入れようとフォトフレームを出しておいたら、あれれ、顔に。


思わずにんまり〜。

[PR]
by suamanote | 2010-05-21 21:40 |
d0163021_21131997.jpg



お昼ご飯に、以前他の方のブログで拝見して、うろ覚えで再現してみました。

白だしに、氷水でしめたうどんを入れ、きゅうり、キムチ、炙った豚バラ肉、白髪ネギをトッピング。
さっぱりしていて美味しい。
冷麺が好きな団吉にも好評。
これはこの夏流行の兆し。(我が家で)
[PR]
by suamanote | 2010-05-20 21:17 | 料理
d0163021_203652100.jpg


息子の初端午、五島の実家でお祝いしてもらいました。

父がはりきって、高々と揚げてくれた鯉のぼり。
青竹を切り出して、鯉のぼりをあげるのは大変な作業だ。
父が鯉のぼりを揚げてくれた気持ちを思うと、胸がいっぱいになった。

新緑の山を背に、潮風を受けて悠々と泳ぐ姿を見ていると、息子が伸びやかに育ってくれるような、そんな気持ちになりました。
子供の成長を願う気持ちは今も昔も同じなのね。




d0163021_20505394.jpg



端午の節句の時期、私の故郷の和菓子屋さんでは、この『鯉菓子』を売り出します。

息子の鯉菓子は、母が注文しておいてくれました。
練り切りとあんこでできています。
お店によって、個性があり、中には本物の鯉と見まごうような出来ばえのものもありますが(正直リアルにテカテカしてて食べ辛い)、息子のは、ぷっくりと良く肥えた可愛らしい鯉でした(ホッ)。
お祝いをいただいた方々へ、この鯉菓子を贈りました。

父が生け簀から鯛をあげてくれたので、それをお造りにし、母が赤飯やエビフライ、鯨料理など用意してくれました。
今回の帰省は義父も一緒でしたので、家族皆にお祝いしてもらいました。



d0163021_21192943.jpg夫の実家から、こげな金太郎人形が!!

きりりと見栄を切る姿が可愛い。

義父があちこち回って、息子の顔に少しでも似ているものをと探してくれたようです。

d0163021_2122571.jpgアップにしてみると、確かに似てるーー(けどコワイよーー)。


日本人形のアップってちょっとドキッとするなぁ。

[PR]
by suamanote | 2010-05-19 21:46 | 子育て
d0163021_22114731.jpg

息子7ヶ月半。

最近は私のバブーシュがお気に入りの様子で、手にもって床にがんがん打ち付けて遊んでおります。




d0163021_2217683.jpg

で、飽きたらモミジにちょっかい出したりして。

お腹を床にくっつけた状態で、かなりのスピードで家中を這いずり回っているんですけど、お腹の部分にモップのような物をくっつけたら、もしかしてあの高級掃除機『ルンバ』のように部屋を掃除してくれるのではあるまいか、と、ふと思ってしまいました。


それにしても子供の成長は早いですね。

身体もどんどん動くようになり、興味の対象も広がり、毎日が新しくキラキラした瞳に映っています。

弾むような命の成長に感嘆し、喜ぶ反面、もう少しゆっくり大きくなって、まだまだ赤ちゃんでいてほしいなどと母の心境は複雑なのです(笑)。
[PR]
by suamanote | 2010-05-17 22:31 | 子育て
『スアマの小さな台所』より、こちらへ引っ越してまいりました。

食だけに限らず、日常のよしなし事を綴っていきたいと思います。

なんだか、新しい気分なのです。


*旧ブログはこちらです。
[PR]